TAKUMI CRAFT CONNECTION -KYOTO by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT開催のお知らせ

『TAKUMI CRAFT CONNECTION -KYOTO by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT』では、私が参画した2016年からの3年間に選ばれた47都道府県約150名の匠の作品が一堂に介します。 私の作品3D和紙照明「Dress」も展示されております。 残念ながら私は在廊しておりませんがお近くの方は どうぞお立ち寄りくださいませ。 『TAKUMI CRAFT CONNECTION –KYOTO by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT〜47都道府県150人。若き匠の技と感性が交わる3日間。〜』 日時:11月29日(金)~12月1日(日) 会場:JAPAN connection=京都新聞ビル地下1階/CREATORS connection=平安神宮 額殿/KYOTO connection=(両足院建仁寺内) 2016年からスタートした「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」を通じてサポートしてきた日本全国の若きモノづくりの「匠」約150名の作品が京都に一堂に会する。「JAPAN connection」、「CREATORS connection」、「KYOTO connection」と称して、京都市内の会場で開催。「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」においてスーパーバイザーを務める小山薫堂氏が総合監修を、建築家・隈研吾氏が会場と展示空間を演出する。

第4回金沢・世界工芸トリエンナーレにて「うねり/Uneri」が入選しました

第4回金沢・世界工芸トリエンナーレ「越境する工芸」にて「うねり/Uneri」が入選しました。 金沢21世紀美術館で行われたレセプションで、審査員のお一人である金工作家、中川衛さんのご挨拶の中の「今回選ばれたのは、未来の工芸の姿を思わせる、ヒントが得られるような作品たち」といった趣旨のお話は、制作している自分の中にもある想いですので大変有り難く感じました。 HPシェル構造的な連続体の、線から面に展開するプロセスを和紙の原料である楮繊維で幾重にも漉くことで表現、 パーツをそれぞれモジュール、ユニット化し拡張性を持たせることなど、工芸の分野に建築や工学、ソフトウェアの分野などで用いられる近代的概念の一部を組み込んだ作品となります。今後の活動に対して、コンテンポラリークラフトの分野での入選は励みになりました。 LOEWE FOUNDATION CRAFT PRIZE 2019の受賞作もともに展示されています。こちらの作品も圧巻です。お近くにお越しの際はぜひご覧になってください。 第4回 金沢・世界工芸トリエンナーレ 越境する工芸 公募展:2019金沢・世界工芸コンペティション 企画展:越境する工芸 会 期:2019年11月10日(日)~11月21日(木)10:00-18:00 ※会期中無休 入場無料 会 場:金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA, B

NEWS
AECHIVE
TAG

© 2017 by REQU Yukari Sato