© 2017 by REQU Yukari Sato

​呼吸する和紙
Paper that breeze

Innovative materials and methods are used such as adding the mineral Zeolite to the mulberry fibres bringing dehumidifying and deodorizing functions.
Making paper using “koyori washi” (Japanese paper twisted into string) attached to wooden frames and thinly applied in layers to this many times and then it was repeatedly dipped into a water tank with paper fibres while still keeping a thin and light texture to the paper.
The holes are not planned but occur naturally during the papermaking process. The paper is light, air flow is not blocked.
These original washi creations are supplied domestically and abroad to decorate stores and hotels etc. Maximum size is 4000mm×1700mm.

和紙の原料である「楮」に水分子、気体分子の吸着機能を保有する「ゼオライト(※)」を担持させ、「呼吸する和紙」を開発しました。
愛媛の紙縒り一筋、一筋、手作業により編み込み、ゼオライト楮を漉き込んで、繊細な「楮繊維の濃淡」を軽やかに表現しました。モダンな表情を持つ『呼吸する和紙』は、湿度調節や消臭機能を有して、室内空間に癒しの効果をもたらします。最大サイズ4000mm×1700mmが制作可能。紙縒りのバリエーションや染色、厚さ、異素材の合わせ漉きなど、りくうの和紙は全て自社工房の手作り、オーダーメイド。多様なインテリアシーンを提案します。

※ゼオライトとは、ギリシャ語のZeo(沸騰する)、lithos(石)を合わせたのが語源です。その由来は、アルミノケイ酸塩のなかで結晶構造中に大きな空隙を持ち、加熱すると容易に水を分離して沸騰してるように見えるためです。その大きな空隙には水分子、気体分子などを吸着するため、湿度調節、消臭調節が行え、ホルムアルデヒトやシックハウス症候群を防止することに期待されています。