© 2017 by REQU Yukari Sato

​佐藤 友佳理

Yukari Sato

ロンドン・東京でファッションモデルとして活動。桑沢デザイン研究所卒業後、自身が育った手漉きの産地にて制作に取り組み始める。
2012年現在の工房を設立。名水百選観音水を使い自然に囲まれた環境で制作する。
紙という”儚い”素材を内と外の仕切りとして使用する日本人の暮らしと感性をみつめ、先人の培った紙漉きの技術を敬いながら、”和紙”の新たな姿を模索する。

和紙原料の楮の繊維にゼオライトという鉱物を担持させることで湿度調節・消臭機能などを持たせる、和紙紙縒りを木枠にかけ楮を漉きあげるなど、原料や手法に改革を持ち込み、独自の和紙作品を展開し、店舗・宿泊施設等の和紙装飾など、国内外に和紙作品を納める。2016年、ロンドンでの展示を行った。
近年では、工芸とデジタルファブリケーションの可能性に着目し、立体の作品を多く手がけている。

 

 

桑沢デザイン研究所卒業


大阪芸術大学プロダクトデザインコース特別講師

 

受賞:

2016年 Tomos Candle Craft Contest  優秀賞・特別賞 受賞,​ 東京/日本

           

​2018年 Good Design Award  公共の建築・空間・サインシステム 部門受賞, 東京/日本

2019年 A`Design Award  Arts, Crafts and Ready-Made Design Award Category

銀賞 受賞, ミラノ/イタリア

2019年 金沢・世界工芸コンペティション入選, 石川/日本

 

    
 

 

                    

展示:

2010年  呼吸する和紙,  西麻布ギャラリールベイン 東京/日本

2011年  識 -Shiki-,  オリエンタルホテル広島 広島/日本

2011年  REVALUE NIPPON PROJECT EXHIBITION,  リッツカールトン大阪 大阪/日本

2012年  中田英寿、現代工芸と出会う,  茨城県陶芸美術館 茨城/日本

2015年  日本の素敵, トゥデイズギャラリー 愛媛/東京

2015年  Kyoto Craft Session in Amsterdam, 
 Japan Culture Exchange,

アムステルダム/オランダ

2016年  春はあけぼの  White Conduit Projects, ロンドン/イギリス

 

2017年  Lexus New Takumi Project, ベルサーレ東京 東京/日本

2018年  アートとデザイン 素材との対話, 富山県美術館 富山/日本

2018年  LEXUS×BEAMS JAPAN|LIFE WITH NEW TAKUMI~ 新しい匠、新しい暮らし~, INTERSECT BY LEXUS 東京 東京/日本

2019年  PAPER WHITE GRADETION 和紙で楽しむ、白の表情​「ADORE x りくう」

阪急うめだ, 大阪/日本

2019年  MOOD The Museum of Outstanding Design,

コモ/イタリア

2019年  ニューデリー建築インテリアデザインフェア2019(FOAID)

ニューデリー/インド

2019年  深セン国際工業デザインフェア2019(SZIDF)、深セン/中国

2019年  第4回 金沢・世界工芸トリエンナーレ 越境する工芸、

金沢21世紀美術館、石川/日本​
 

 



 


 



 

Worked as fashion model in London and Tokyo. After graduating from Kuwasawa Design Institute, started making handmade Japanese paper in hometown which is famous for washi production for over 400 years. Present atelier was established in 2012. Clear groundwater called Kannon sui is used for washi making, was selected as one of the hundred exquisite waters of Japan. Bring innovation into washi, while respecting traditional papermaking techniques and appreciating the lifestyle and sensibilities of the Japanese. Innovative materials and methods are used such as adding the mineral Zeolite to the mulberry fibres bringing dehumidifying and deodorizing functions to the paper and making paper using koyori washi which is Japanese paper twisted, into strings attached to wooden frames. These original washi creations are supplied domestically and abroad to decorate stores and hotels etc. Exhibited in London 2016. In recent years, Collaborated on many three-dimensional works, and focussing on the possibilities of the craft and digital fabrication.


EDUCATION:
Visual Design, Kuwasawa Design Institute, TOKYO/JAPAN

WORK EXPERIENCE:
Product Design Course, Osaka Art Univercity, OSAKA/JAPAN

AWARD:

2016, Tomos Candle Craft Contest, TOKYO/JAPAN


​2018, Good Design Award, TOKYO/JAPAN

2019, A`Design Award SILVER, MILANO/ITALY

2019,Kanazawa World Crafts Competition, Winner, ISHIKAWA / JAPAN


EXHIBITIONS:

 

2010  Paper That Bleaze,  Nishiazabu, Gallery Le bein, TOKYO/JAPAN

2011  Exhibition -Shiki-, Oriental Hotel Hiroshima, HIROSHIMA/JAPAN

 

2011  REVALUE NIPPON PROJECT EXHIBITION, The Ritz-Carlton Osaka, OSAKA/JAPAN

2012  Hidetoshi Nakata Meets Modern Crafts, Ibaraki Ceramic Art museum,   IBARAKI/JAPAN

2015  Nihon No Suteki,  Today`s Gallery, EHIME/JAPAN

2016  Kyoto Craft Session in Amsterdam,  Japan Culture Exchange, AMSTERDAM/HOLLAND.

 

2016  In spring, It is dawn that is the most beautiful, White Conduit Projects, LONDON/UNITED KINDOM.

 

2017  Lexus New Takumi Project, Bellesalle Tokyo, TOKYO/JAPAN,

 

2018  Art and design, dialogue with materials,  Toyama museum, TOYAMA/JAPAN

2018  LEXUS×BEAMS JAPAN|LIFE WITH NEW TAKUMI, INTERSECT BY LEXUS TOKYO/JAPAN,

 

2019  PAPER WHITE GRADETION ​「ADORE x Requ」OSAKA/JAPAN,

2019  MOOD The Museum of Outstanding Design, COMO/ITALY

2019  Festival of Architecture and Interior Designing, NEW DELI/ INDIA

2019  Shenzhen International Industrial Design Fair,  Shenzhen Convention and Exhibition Center,  SHENZHEN/CHINA

2019  4th Triennale of KOGEI in KANAZAWA, KOGEI as Contemporary Craft, Transcending Boundaries,  KANAZAWA/ISHIKAWA

寺田 天志

/   Takashi Terada

東京都渋谷区出身。

デンマークで遊学。
 

国内車メーカーのCM,研究所用の3Dモデリングを手掛けたほか、国の重要文化財や伝統工芸の3D化など幅広い3Dデータの制作を手掛ける。また神山町のデジタルファブリケーションを活用したメーカーズスペースのコンセプトや方向性、立ち上げを行う。
一方で3D技術を活用した運動型STEAM教育プログラムを開発。そのプログラムはデジタルファブリケーション領域、触覚のデザイン領域他の三つの国際賞に入賞し、第13回キッズデザイン賞においては最優秀賞(内閣総理大臣賞)を受賞。
阿波人形浄瑠璃の総曲人形の頭を3Dプリンターでからくり機構まで完全再現(現代の名工 甘利洋一郎氏監修)
3D技術を用いた立体的な和紙の制作に3Dモデラーとして協力し、道後温泉飛鳥の湯、レクサス匠プロジェクト、伊勢丹新宿のアートフレーム等に使用される。
フリスビープレイヤーとしてドイツのフリスビードキュメンタリー映画に出演を果たす。


伝統工芸とデジタルファブリケーションを融合し、今までにない新しい切り口で伝統工芸を

表現していくことを目標とし、りくうでは伝統的な和紙と3Dモデリング、3Dプリンター、

レーザーカッター等、最新の技術を駆使したデザインないし設計を担当。

Website
https://www.t3dw.com/


 

受賞:

​2017年 Youfab Global Creative Award,ファイナリスト, 東京/日本

​2017年 Haptic Global Award,PROJECT SELECTED, 東京/日本

​2018年 Good Design Award, 東京/日本

​2018年 Creative Hack Award,3次選考, 東京/日本 

​2019年 
A'design Award,Art and Crafts部門,銀賞, ミラノ/イタリア

​2019年 
A'design Award,Education部門,A'design賞, ミラノ/イタリア

2019年 金沢・世界工芸コンペティション入選, 石川/日本


2019年 第13回キッズデザイン賞 ,  最優秀賞 内閣総理大臣賞 , 東京/日本
https://kidsdesignaward.jp/docs/2019/web20190925KDawards%20pressrelease.pdf

 

展示:

2017年 あわぎんホール 第26回 中四国文化の集い 3Dプリント木偶人形の展示, 徳島/日本

2017年 レクサス匠プロジェクト 作品展示 , 東京/日本

2018年 "YouFab Global Creative Award 受賞者展示会 ", Good Design Marunouchi, 東京/日本

2018年 "Haptic Design Award 受賞者展示会", NTTインターコミュニケーション・センター [ICC], 東京/日本

2018年 "YouFab Global Creative Award 2012~2018年の受賞者から選抜され展示", 香港YouthSquare 

2018年 "LEXUS×BEAMS JAPAN , INTERSECT BY LEXUS 東京/日本

2019年 あわぎんホール 第9回 現代の木偶展 3Dプリント木偶人形の展示, 
徳島/日本

2019年 阿波十郎兵衛屋敷 3D木偶展, 徳島/日本

2019年 MOOD The Museum of Outstanding Design, コモ/イタリア

2019年 ニューデリー建築インテリアデザインフェア2019(FOAID)、ニューデリー/インド

2019年 キッズデザイン賞受賞式 最優秀賞作品展示 六本木アカデミーヒルズ, 東京/日本

2019年 深セン国際工業デザインフェア2019(SZIDF)、深セン/中国

2019年 第4回 金沢・世界工芸トリエンナーレ 越境する工芸、金沢21世紀美術館、石川/日本

平野邦彦

/   Kunihiko Hirano

鬼北泉貨紙保存会 会長

 

山口県出身

宇都宮大学 大学院 工学修士了

 

 

画像処理・色彩工学を専門とする。

 

1999年愛媛県にIターン移住して就農。農業のかたわら鬼北泉貨紙保存会にて手漉和紙の

生産に取り組み、古式製法での泉貨紙製造技術を継承している。

 

宮城県白石市の「トラフ楮」(宇和島伊達藩から仙台伊達藩へ贈られたと伝承されている)を譲り受け、

これを鬼北町にて増殖・栽培し、和紙材料として活用しつつ、江戸期の泉貨紙の再現を模索している。